teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. ぽろりっ(1)
  2. 返信ありがとう(0)
  3. 全力全開(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


日本口腔看護研究会第2回徳島地区セミナー

 投稿者:事務局  投稿日:2014年 6月10日(火)14時14分14秒
返信・引用
  日 時:2014年7月13日(日)14:00~17:00(受付開始13:30)
場 所:徳島大学歯学部4F第講義室
参加費:1,000円(当日)
定 員:160名(先着順受付)
申込み:参加申込書をFAXにて送付
締切り:2014年7月9日(水)
プログラム内容
14:00~14:10 座長挨拶  徳島大学病院 総合歯科診療部部長 河野文昭先生
14:10~15:10 特別講演1
        「がん緩和ケアの口腔ケア」
          聖隷三方原病院 歯科部長 大野友久先生
15:15~16:15 特別講演2
        「救急看護における口腔ケア」
          社会医療法人愛仁会 高槻病院 救急外来救急看護認定看護師 高西弘美先生
16・20~15:50 講演
        「造血幹細胞移植を受ける患者の口腔ケア」
          徳島大学病院 診療支援部 歯科衛生士 十川悠香先生
16:50~17:00 閉会の辞

※申込み用紙は事務局にあるので、必要な方はご連絡ください。
 
 

第4回九州地区学術集会大分大会

 投稿者:事務局  投稿日:2014年 6月 7日(土)11時59分14秒
返信・引用
  第4回日本言語聴覚士協会
九州地区学術集会大分大会
会期:平成26年10月11日(土)~10月12日(日)
会場:iichiko総合文化センター(メイン会場:音の泉ホール)
    大分県大分市高砂町2番33号(OASISひろば21内)
10月11日(土)
 12:00 受付開始
 12:30 開会
 12:40 教育講演:「発話の神経基盤(仮)」
      北海道大学大学院 保健科学研究院 准教授 大槻美佳先生
 14:20 一般演題
 16:50 シンポジウム:「地域包括ケアシステム構築に向けたSTの役割を問う」
 18:20 終了予定

10月11日(日)
 9:00 受付開始
 9:20 一般演題
 11:00 特別講演:「いちばんじゃなくていいんだね」~生まれてきてくれてありがとう~
      松野明美氏
 12:30 専門講座受付開始
 13:00 専門講座:①成人「言語聴覚療法とワーキングメモリ」
      大阪医療技術学園専門学校 言語聴覚士学科 学科長 吉村貴子先生
     ②小児「小児臨床場面での嚥下評価とその援助」
      埼玉県小児医療センター 保健発達部 理学療法士 吉岡明美先生
 15:00 表彰・閉会



 

フィジカルアセスメント研修会のご案内

 投稿者:平野康之  投稿日:2014年 5月19日(月)07時50分53秒
返信・引用
  いつもと何か違う? 利用者の病状変化を的確にとらえるアセスメントのスキルアップ!!

「利用者の病状変化に気づくためのアセスメントスキル」
-呼吸器・循環器系のアセスメントを中心に-

研修1日目(7月27日)
  Ⅰ.訪問リハ時の事故・急変の現状
  Ⅱ.訪問リハに必要なフィジカルアセスメント
  Ⅲ.病状変化に気づくためのフィジカルイグザミネーション1
     血圧、脈拍、呼吸音、心音、酸素飽和度など
  Ⅳ.病状変化に気づくためのフィジカルイグザミネーション2
     頸静脈怒張、心尖拍動、呼吸状態、心電図など
研修2日目(8月31日)
  Ⅴ.訪問リハにおける病状把握とその後の判断
     グループによるペーパーシミュレーション
  Ⅵ.訪問リハにおけるフィジカルイグザミネーションの実践と病状判断
     機器またはシミュレーターを用いたシミュレーション

※研修プログラムは若干の変更の可能性があります.

日 時 :平成26年7月27日(日)9:00 ~ 17:00
     平成26年8月31日(日)9:00 ~ 17:00
場 所 :徳島文理大学 徳島キャンパス 23号館8階504教室
費 用 :無料   定 員 :40名

※本研修は訪問リハ従事者の病状把握に関する研究の一環として行います。
  研究協力者の方には数回のアンケートをお願いすることになります。
  訪問リハ経験があり、全日程に参加および研究に協力いただける方が優先となります。

【申し込み〆切】
 平成26年7月5日(土)
  ※正式にエントリーされた方には通知書および研究説明書を郵送します。

【申し込み先(問い合わせ先)】
  徳島文理大学 保健福祉学部理学療法学科  平野 康之
  徳島県徳島市山城町西浜傍示180  電話番号 088-602-8719
   E-mail : hirano〔アットマーク〕tks.bunri-u.ac.jp
  下記①~⑨の内容を記載の上,E-mailにてお申し込みください。
   ①氏名、②年齢、③職種、④職場名、⑤臨床経験年数、⑥訪問経験年数
   ⑦研究協力の有無、⑧全日程の参加、⑨その他何かございましたらお書きください。

本研究は「徳島文理大学特色ある教育研究事業」による助成を受けて実施しています。

| 学部・学科のニュース::理学療法学科 | 09:21 AM | comments (x) | trackback (x) |
 

回復期リハビリテーションにおける言語聴覚療法

 投稿者:事務局  投稿日:2014年 5月18日(日)22時50分7秒
返信・引用
  「回復期リハビリテーションにおける言語聴覚療法」講習会が下記の日程で行われます。
日時:2014年6月8日(日)9:30~16:45
場所:臨床福祉専門学校(〒135-0043  東京都江藤区塩浜2-22-10)
内容:回復期における疾病とリスク管理
        回復期における高次脳機能障害の理解1(高次脳機能の構造的理解と通過症状群)
        回復期における高次脳機能障害の理解2(失語症を含む個別的機能とコミュニケーション)
        回復期における摂食・嚥下障害の理解(摂食・嚥下機能と高次脳機能障害)
        回復期における運動機能の理解(運動麻痺等,起居移動動作)
        回復期におけるADLの理解(基本動作と生活動作)
        回復期リハビリテーション病棟の言語聴覚士(情報統合,予後予測,退院調整,連携技術)
        回復期の事例(失語症事例,右半球損傷事例,摂食・嚥下障害事例)
定員:80名
参加費:会員8,000円/非会員10,000円
申込期間:5月7日~5月27日(火)13時

詳細は日本言語聴覚士協会ホームページをご覧ください。
 

運動における発達障がいのこどもの不器用さへの配慮と関わり

 投稿者:赤壁  投稿日:2014年 5月17日(土)16時26分20秒
返信・引用 編集済
  運動における発達障がいのこどもの   不器用さへの配慮と関わり

筋肉や神経などに異常がないのに、縄跳び、ボール投げといった協調運動(複数の動作を組み合わせた運動)がうまくできないなどの不器用さは発達障がいに併せ持つ場合も多いにも関わらず、あまり注目されてきませんでした。このような不器用さの背景を持つ子ども達の意欲を維持しながら、運動や学習など様々な活動に取り組めるにはどのようなことに気をつけていけばよいのか、不器用さを主とする発達性協調運動障害(DCD)の理解を深め、関わりのヒントにつながる学びのよい機会です。 皆さまお誘いあわせの上どうぞ、ご参加ください。

平成26年7月20日(日)14:00-16:30
参加費:無料
定員:80名
場所:ふれあい健康館2階 第2会議室
講師 澤江 幸則 先生
   筑波大学 体育系(アダプテッド体育・スポーツ学)准教授

申し込み方法:メールにて
hattatu.shiawase.net@gmail.com
参加者のお名前・所属・電話番号を入力し送信してください。

主催:とくしま発達しあわせネット
問い合わせ 080-2975-5710(赤壁まで)

とくしま発達しあわせネットは徳島市を中心とした発達障がいを支援するための任意団体です。活動の中心は発達障がいのお子さんを対象としたキッズサッカーやクッキング教室を行っています。また、講演会の開催など発達障がいの理解の啓発や研修会も行っています。

http://www.st-tokushima.net/kouhou/undou.pdf

 

平成26年度はじめての口腔ケア&摂食・嚥下セミナー

 投稿者:赤壁  投稿日:2014年 4月16日(水)22時42分52秒
返信・引用
  日頃は、NPO法人健口サポート歯るるの活動に格別のご支援ご愛顧賜り誠に有難うございす。
 平成26年度はじめての口腔ケア&摂食・嚥下セミナーをご案内させていただきます。

 口腔ケア・口腔リハビリ・食支援の現場で必要不可欠な「姿勢」ですが、予備知識・情報として知ってはいるが「実際にはどのように配慮すれば良いの?」「これで大丈夫?確認したい!」という方におすすめのセミナーを企画いたしました。
今回は当法人の理事をつとめてくださっております、舘村卓先生をお迎えし「理論から実践へ」をテーマに臨床の現場から在宅まで幅広く活用できる内容になっております。
 皆様のご参加をお待ちしております。


  <開催日>       H26年 4月20日(日)

 <場 所>       アスティ徳島 2F 第4会議室
                                         〒770-8055 徳島市山城町東浜傍示1番地1
                                                                 TEL(088)624-5111

 <時 間>      11:30 ~ 17:00(予定)
                   ☆休憩時間45分予定(昼食の準備は各自でお願いします)

 <講 師>                   歯科医師 舘村 卓 先生
           TOUCH代表理事
             NPO法人健口サポート歯るる理事

<講演内容>    摂食・嚥下障害者への対応 ~3つのキーワードの理解と実践~
               ダイジェスト版&実習(頚部聴診を含む)

 <受講料>     会員 7,000円   一般 10,000円

  <定  員>      20名(定員になり次第しめきり)


============================================================

 受講申込書 (事務処理上、4月15日までにお振り込みをお願い致します)

 〒

 住所

 氏名                                      職業

 TEL                   FAX

   申込先  FAX 0883-62-2811

 <振込先>
    ゆうちょ銀行 貞光支店
   記号16280 番号14568841 トクヒ)ケンコウサポートハルル
   ★尚、一度納入された受講料は、いかなる場合も返金に応じかねます。
       *お申し込み&入金確認後、受講票(詳細記載)をお送りさせて頂きます。
===============================================================
 

喉頭摘出後リハビリテーションについての集学的アプローチ

 投稿者:赤壁  投稿日:2014年 3月30日(日)02時23分50秒
返信・引用
  【研究会・研修名】喉頭摘出後リハビリテーションについての集学的アプローチ
【主 催】  がん研有明病院 頭頸科
【日 時】 2014年6月11日
【会 場】(東京・有明)TFTビル 東舘9階
【参加費】 無料
【申込方法】メールもしくは添付の申込書をFAX
【問い合わせ先】 info.jp@atosmedical.com
主にシャント発声をされている患者さまの方の声、肺、嗅覚のリハビリテーション分野における最新の情報や技術を紹介するセミナーで、患者さまのご協力によりハンズオンセミナーもあります。 参加お申込みや、お問い合わせはinfo.jp@atosmedical.com までご連絡くださいどうぞよろしくお願いいたします。

http://www.atosmedical.jp/Corporate/Media/News/ja-JP/~/media/Japan/%E6%A1%88%E5%86%85%E7%8A%B6_Email__20140306.pdf

 

アセスメントの基本的な理解と活用Ⅱ

 投稿者:赤壁  投稿日:2014年 3月24日(月)19時46分18秒
返信・引用
  1 日 時 平成 26 年 5 月 24 日(土) 10:00 ~ 12:00
2 場 所 徳島市生涯福祉センター(通称 「ふれあい健康館」)2F 第 2 会議室
3 講 師 大六一志先生 筑波大学人間系 教授「博士(心理学)」
特別支援教育士 SV,臨床心理士,臨床発達心理士
日本版 WISC-Ⅳ 刊行委員
4 主 催 特別支援教育士(S.E.N.S)の会 徳島支部会
5 共 催 学校心理士会(予定)
6 参加費 一般 ¥2.000(学生 ¥1.000(有職者は除く))
特別支援教育士(S.E.N.S)の会 徳島支部会会員 ¥1.000
学校心理士会会員 ¥1.000
7 定 員 120 名(定員を満たした時点で受け付け終了いたします)
8 備 考 ・参加を希望される方は,別紙 FAX 送信票もしくは,事務局宛メー
ルにて報告をお願いします。
・参加申し込み締切は,平成 26 年 5 月 16 日(金)です。尚,定員を満
たした時点で受け付け終了いたします。お早めに受付をお済ませ
ください。
・会場では他の催し物等があるため,駐車場の台数が限られます。乗
り合わせ又は,公共交通機関をご利用ください。
・特別支援教育士の有資格者は,午前の公開研修及び午後の会員向
け研修会の両方参加することによりポイント認定いたします。

http://www.st-tokushima.net/kouhou/26.5.24.pdf

 

第2回在宅ホスピスケア市民フォーラム

 投稿者:事務局  投稿日:2014年 2月28日(金)17時35分12秒
返信・引用
  日 時:平成26年3月9日(日)10:00~12:30
場 所:四国大学交流プラザ5Fフォーラムホール
定 員:200名
参加費:無料
内 容:10:00~開会挨拶、講師紹介
    10:10~記念講演
       「在宅ホスピス緩和ケアで朗らかに生きよう~THPの関わり~」
        講師 小笠原文雄氏(医療法人聖徳会 小笠原内科理事長兼院長/日本在宅ホスピス協会会長)
    12:00~シンポジウム
       「がんになっても自宅でよりよく生きる」
        講師 小笠原文雄氏
        進行 吉田大介氏(在宅緩和ケアネットワークとくしま代表)
主 催:在宅緩和ケアネットワークとくしま
問い合わせ:徳島往診クリニック付属訪問看護ステーション内[在宅緩和ケアネットワークとくしま]
TEL:088-678-8141/FAX:088-678-8525 月~土9:00~17:00 徳島市沖浜東2丁目17
申し込み:指定の用紙に必要事項をご記入の上FAXにてお申込みください。
     申込書が必要な方は事務局までご連絡ください。 ※当日参加も可能です。
 

Neuroscience Seminar Tokushima

 投稿者:徳島大 中村  投稿日:2014年 2月28日(金)10時14分3秒
返信・引用
  第31回 Neuroscience Seminar Tokushima 開催のご案内

日時: 2014年3月10日(月) 18:30~20:30
場所: 徳島大学病院『日亜メディカルホール(西病棟11階)』
参加費: 500円(学生無料) ※駐車場整理費別途100円

座長  徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部
   地域医療福祉学教授 白山 靖彦 先生
一般演題
「 回復期における高次脳機能障害の治療最前線 」
松山リハビリテーション病院 理事長 木戸 保秀 先生

特別講演
「TMS誘発脳波による高次脳機能障害の診断」
国立障害者リハビリテーションセンター
高次脳機能障害情報・支援センター長 中島 八十一 先生
 

レンタル掲示板
/26