teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


広告削除投稿

 投稿者:木下 英一  投稿日:2009年 9月21日(月)11時05分46秒
  時が経つのは早いもので、あれからもう3年たちましたね。(長い間無投稿の場合、広告まびれになりますので、これを削除するために投稿したものです。ご了承ください)  
 

広告削除投稿

 投稿者:木下英一  投稿日:2009年 1月 7日(水)01時14分49秒
  時が経つのは早いもので、あれからもう2年以上がたちましたね。(長い間無投稿の場合、広告まびれになりますので、これを削除するために投稿したものです。ご了承ください)  

奈良公園のモニュメント

 投稿者:香西観海(武雄)メール  投稿日:2006年11月21日(火)22時43分31秒
編集済
  若草山手前の公園に立つモダンなモニュメント。
学生時代はキットみんなこうだったんだ・・・・。
 

懇親会風景2

 投稿者:香西観海(武雄)メール  投稿日:2006年11月21日(火)22時28分37秒
編集済
  話が弾む懇親会
○○先生は優しかったけど、XX先生は怖かったねェ~
 

懇親会風景1

 投稿者:香西観海(武雄)メール  投稿日:2006年11月21日(火)22時22分48秒
編集済
  えーっと、どこに書いてあったかな? あのお経は・・・・。

http://6328.teacup.com/kouzai/bbs

 

街路樹の紅葉

 投稿者:畝傍爺さん  投稿日:2006年11月21日(火)20時19分3秒
  浅野さん、志賀直哉旧居への道中がこんなにもきれいな紅葉だったとは当日は気がつきませんでした。本当にきれいですね。
そうそう、「若草山へ登るー3」で、「・・・・三笠の山に出でし月かも」の三笠の山が若草山だったとはちっとも知りませんでした。(汗!)よくご存知でしたね。勉強になりました。。。
 

街路樹の紅葉

 投稿者:浅野秀夫  投稿日:2006年11月21日(火)14時45分46秒
編集済
  志賀直哉旧宅への道中の紅葉はきれいだった.思わずパチリ。  

お世話になりました

 投稿者:井上哲一メール  投稿日:2006年11月19日(日)10時19分26秒
  奈良公園、50年振りかな?懐かしい顔、ゆったりした散策、静かな紅葉の中を気持ちが開放されました。木下、佐藤両氏にはお世話に成りました、有難う。次回は倉敷かな?期待してます  

クラス会

 投稿者:菊池 孝  投稿日:2006年11月17日(金)15時15分52秒
  スナップ

http://blogs.yahoo.co.jp/kondol65

 

二月堂へ

 投稿者:浅野秀夫  投稿日:2006年11月17日(金)12時30分51秒
  談笑しながら二月堂への階段を上がる。  

若草山へ登るー4

 投稿者:浅野秀夫  投稿日:2006年11月17日(金)12時14分33秒
編集済
  若草山頂上より、ややアップで見た東大寺大仏殿。  

若草山へ登るー3

 投稿者:浅野秀夫  投稿日:2006年11月17日(金)11時48分40秒
編集済
  若草山頂上で皆が集合したところより約100mほどゆるやかな傾斜を登った所より。
”若草山一重目”という木の埋め込みあり。
  有名な和歌”天の原ふりさけ見れば春日なる三笠の山に出でし月かも”ここに出てくる三笠の山が若草山で、一重目とは三笠の最初の山であることが埋め込みを見て納得した。
 

若草山へ登るー2

 投稿者:浅野秀夫  投稿日:2006年11月17日(金)11時31分23秒
  若草山へ、階段がぼつぼつきつくなる。  

若草山へ登るー1

 投稿者:浅野秀夫  投稿日:2006年11月17日(金)11時23分36秒
  若草山への登山、このあたりはまだ序の口  

大仏殿

 投稿者:木下英一  投稿日:2006年11月17日(金)11時09分8秒
  秋の気配が感じられる大仏殿。修学旅行生が外人に「See you!」と言ったら「See you」と返事され、「通じたア!!!」と大喜びしていた。若い人は国際的!!??
 

大仏殿へ向って-2

 投稿者:木下英一  投稿日:2006年11月17日(金)11時03分24秒
  大仏殿の近くにきました。  

大仏殿へ向って

 投稿者:木下英一  投稿日:2006年11月17日(金)10時59分14秒
  2月堂から大仏殿へ向かう途中。古い土塀がつらなっています。  

2月堂から出て

 投稿者:木下英一  投稿日:2006年11月17日(金)10時54分45秒
  2月堂の階段を下りてきました  

2月堂の舞台にて

 投稿者:木下英一  投稿日:2006年11月17日(金)10時51分26秒
  大仏殿もみおろせて、見晴らしがいいなあ。。。  

山麓にて

 投稿者:木下英一  投稿日:2006年11月17日(金)10時48分47秒
  無事に下山し、鹿と再会。  

下山-2

 投稿者:木下英一  投稿日:2006年11月17日(金)10時44分11秒
  下山の途中で。紅葉しかけた公園や大仏殿  

下山開始

 投稿者:木下英一  投稿日:2006年11月17日(金)10時40分36秒
編集済
  帰りは楽チン  

頂上にてー4

 投稿者:木下英一  投稿日:2006年11月17日(金)10時38分58秒
編集済
  少し寒くなってきました。  

頂上にてー3

 投稿者:木下英一  投稿日:2006年11月17日(金)10時33分17秒
  では、そろそろ下りましょう。その前に。。。  

頂上にてー2

 投稿者:木下英一  投稿日:2006年11月17日(金)10時25分48秒
  山頂での、みかん、お茶は最高に美味!  

若草山頂上にて

 投稿者:木下英一  投稿日:2006年11月17日(金)10時22分46秒
  ついに登頂に成功しました!  

登ろかな。。やめようかな。。。

 投稿者:木下英一  投稿日:2006年11月17日(金)10時11分40秒
編集済
  「ああ、見事な景色!でも結構急やなあ。。。下から眺めるとそうでもないのに。。。。」
「そんなことあらへん。さあ、のぼろう!」
結局、この中の約1名がギブアップ。さてその人は誰でしょうか。。。
 

若草山の感触

 投稿者:木下英一  投稿日:2006年11月17日(金)10時01分55秒
  このくらいの坂はアサメシマエ。平素からゴルフで鍛えてます!!  

公園2

 投稿者:木下英一  投稿日:2006年11月17日(金)02時55分35秒
  公園を横切って若草山登りへ  

公園1

 投稿者:木下英一  投稿日:2006年11月17日(金)02時52分56秒
  紅葉が一部始まっていた  

猿沢の池-2

 投稿者:木下英一  投稿日:2006年11月17日(金)02時47分51秒
編集済
  2006/11/16  

猿沢の池

 投稿者:木下英一  投稿日:2006年11月17日(金)02時42分57秒
編集済
  第2日目(2006/11/16)
ホテル近くの「猿沢の池」。興福寺の塔が入るコダワリの場所を探してパチリ。
左端のヨタモノ風の人物は、セルフタイマーをセットして急ぎ並んだHPのオフィッシャルカメラマンなのです!!
 

春日山原生林

 投稿者:木下英一  投稿日:2006年11月17日(金)02時32分42秒
  鬱蒼とした原生林を通って志賀直哉旧居から春日大社へ移動  

志賀直哉旧居

 投稿者:木下英一  投稿日:2006年11月17日(金)02時29分39秒
編集済
  第1日目(2006/11/15)
近鉄奈良駅から循環バスで約7分、破石で下車。我々が下りるとバスはほぼ空っぽ。バス停から歩くこと約10分、桜並木が見事に紅葉した静かな高畑町をぶらつきながら細い路地を入ると、土塀に囲まれた志賀直哉の旧居に到着。志賀直哉は昭和4年から9年間ここに住み、「暗夜航路」もここで完成させたといわれている。武者小路実篤、谷崎潤一郎も訪ねたことがあり、この高畑サロンは当時の文化人・画家達の憩いの場となっていたそうです。
 

レンタル掲示板
/1