teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. ぽろりっ(1)
  2. 返信ありがとう(0)
  3. 全力全開(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


第一回 在宅医療ネットワークセミナーのご案内位

 投稿者:事務局  投稿日:2015年10月27日(火)17時27分27秒
返信・引用
  第一回 在宅医療ネットワークセミナー
~連携で行う高齢者・神経難病の在宅医療~

日時:平成27年11月29日(日)14:00~15:30(13:30開場)

場所:セントラルホテル鴨島
   〒776-0010 吉野川市鴨島町鴨島471-2 TEL:0883-24-8989

講演:ALSをはじめとした神経難病患者の在宅医療のすすめかた

講師:医療法人あおぞら内科 院長 馬木 良文

対象:神経難病患者、家族、在宅医療に関わる方、または興味のある方は
   どなたでもご参加下さい。

参加費:無料

お問合せ:あおぞら内科訪問看護ステーション 吉野・吉田
     〒776-0014 吉野川市鴨島町知恵島720-7
     TEL、FAX:0883-36-9227

今後「在宅医療ネットワークセミナー」を下記の日時で開催予定です。
第2回:平成27年12月13日(日)
    医療依存度が高い患者へのリハビリテーションの意義
    ~神経難病を通した在宅リハの役割~
講師:国立精神・神経医療研究センター 寄本 恵輔 氏
 
 

第3かい慢性期リハビリテーション学会のご案内

 投稿者:事務局  投稿日:2015年10月24日(土)12時32分36秒
返信・引用
  概要

会期:平成28年2月27日(土)・28日(日)
会場:神戸国際会議場
学会長:木戸保秀 慢性期リハビリテーション協会 副会長
         松山リハビリテーション病院 院長
テーマ:地域に活きる~徹底的な予防リハビリテーションに取り組む
参加者:医師・看護師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士
    等約1,000名
企画:慢性期リハビリテーション協会
主催:日本慢性期医療協会
   東京都新宿区富久町11-5 シャトレ市ヶ谷2階
   TEL:03-3355-3120 FAX:03-3355-312
   URL:http://jamcf.jp/
    E-mail:kanri@jamcf.jp(担当:竹内)
   学会ホームページ:http://gakkai.co.jp/manseikiriha3 /

参加登録費
事前参加登録期間:平成27年9月1日(火)正午~11月30日(月)正午
         事前参加登録費9,000円(会員・非会員および職種問わず)
         上記ホームページよりオンライン登録 銀行振り込み
  当日参加登録:当日参加登録費:14,000円(会員・非会員および職種問わず)
         学会当日現金支払いのみ

ご不明な点がございましたら上記の連絡先までお気軽にお問合せ下さい。何卒、よろしくお願い申し上げます。
 

遮光眼鏡について

 投稿者:長尾公美子  投稿日:2015年 9月11日(金)17時35分4秒
返信・引用
  いつもお世話になっております。
視覚支援学校の長尾です。

視覚支援学校教員、眼科医、視能訓練士、歩行訓練等行う福祉分野の人が集まって、
徳島ロービジョンネットワークという会を作っています。
来週火曜日の夜に、次の通り勉強会を開催します。

今回は会員外の方にも参加していただけるので、
興味がおありの方はご参加ください。

人数の把握をしたいので、ご参加の場合は長尾までご一報ください。

眩しさを訴える眼疾患や、メガネの色の選び方,使用者の心理過程等について
詳しい話があると思います。


日時   9月15日(火曜)19時~21時
内容   遮光眼鏡について
講師   東海光学株式会社 ロービジョンケア事業部課長 岡本佳人氏
場所   徳島大学蔵本キャンパス内
藤井節郎記念医科学センター 2階 多目的室1,2
>
 

平成27年度徳島県自殺予防講演会について

 投稿者:事務局  投稿日:2015年 8月29日(土)17時26分2秒
返信・引用
  平成27年度 徳島県自殺予防講演会

テーマ「若者が生きやすい社会を目指して」~若い人たちの「心の悩み」に気づいてください~

 不登校の方や”ひきこもり”と呼ばれる若者は、家庭という社会からは見えづらい場所にいるため、孤立いているケースがあります。
 そして、学校に通うことができなかったり、就職することが難しくなったりすることにより、夢や未来が見えず、場合によっては自ら命を絶ってしまうという痛ましい社会問題へと発展しかねません。
 このような状況に、様々な角度からアプローチを行い、『若者が生きやすい社会づくり』には、何が必要なのかを県民の皆様に考えて頂く契機とするため、当講演会を開催します。

開催日:平成27年9月13日(日)  14:00~16:50
会場:徳島グランヴィリオホテル(徳島市万代町3-5-1)
   電話 088-624-1111
定員:150名(参加費無料・申込み不要)
主催:徳島県
後援:36機関・団体

<プログラム>
開会行事(14:00~14:10)
第1部 基調講演(14:10~15:30)
   「ひきこもる若者たちへ~理解とアプローチのために~
   講師:筑波大学社会精神保健学科  教授 斉藤 環 氏(精神科専門医)
休憩(15:30~15:45)
第2部 講演(15:45~16:50)
   「若者たちに夢や未来を持たせるために」
   講師:社会福祉法人徳島県自殺予防協会  名誉理事長 近藤 治郎 氏
   「『とくしま自殺予防センター』が取り組む若者へのサポートについて」
   講師:徳島県精神保健福祉センター(とくしま自殺予防センター)所長 石元 康仁 氏
事務局より 「自殺予防サポートについて」
閉会

会場:徳島グランヴィリオホテル
   駐車場あり(無料)
交通案内
 徳島市バスをご利用の場合
  路線番号①「万代車庫」 徳島県庁前下車 徒歩約1分
 徒歩の場合
  JR徳島駅から徒歩約20分、JR阿波富田駅から徒歩5分
 

パンフレットの送付について

 投稿者:事務局  投稿日:2015年 8月27日(木)17時54分1秒
返信・引用
  自殺対策担当者各位

                            徳島県保健福祉部保健福祉政策課
                            政策調整担当

「平成27年度徳島県自殺予防講演会」のパンフレットの送付について

日頃は、本県の自殺予防の推進にご協力いただき、ありがとうございます。
さて、自殺予防講演会のパンフレットができましたので、お送りします。
つきましては、窓口等での配布とその周知につきましてご協力をお願いいたします。

【回答先】
徳島県 保健福祉部 保健福祉政策課
政策調整担当 安友
電話:088-621-2179
FAX:088-621-2839
Eメール:yasutomo_eiji_1@pref.tokushima.lg.jp

その他、内閣府自殺対策推進室から平成27年度「自殺予防週間」広報ポスターの送付がありました。貼って頂ける病院・施設様がありましたら、鴨島病院言語聴覚室までご連絡ください。
 

第4回とくしま在宅医療推進フォーラムについてのご案内

 投稿者:徳島県言語聴覚士会事務局  投稿日:2015年 7月27日(月)13時17分3秒
返信・引用
  第4回とくしま在宅医療推進フォーラムについて
超高齢化社会に向け、今からできる予防と対策
老いても最後まで、自分の足で歩く!!
とき:平成27年8月29日(土)
   18:30~20:00 [18:00~開場]
ところ:あわぎんホール 4F大会議室にて [徳島県郷土文化会館]
    徳島市藍場町2-14 Tel.088-622-8121
対象:医療・介護従事者、一般市民の皆さま
定員:100名様
参加料:無料
<プログラム>
 18:30~開会挨拶・講師紹介
 18:40~特別記念講演
 座長:医師 吉田 大介  医療法人徳島往診クリニック理事長
              在宅緩和ケアネットワークとくしま代表
 講演演題:変形性膝関節症の治療 ~膝の痛みを運動で治す~
 講師:関矢 一郎先生  東京医科歯科大学再生医療研究センター教授
             大学院応用再生医学教授併任
お問い合わせ:徳島往診クリニック 附属訪問看護ステーション
       徳島市沖浜東2-17 Tel:088-678-8141 Fax:088-678-8525
 

脳科学からみる子どもの心とことばの育ち ~最新の脳科学がことばの発達の謎を解き明かす~

 投稿者:赤壁  投稿日:2015年 7月 4日(土)16時20分3秒
返信・引用
  平成27年8月1日(土)
(受付:午前10時~  )
午前10時30分 ~ 午後12時  講演
 昼食(各自でお願いします)
午後1時30分 ~ 午後3時  講演・質疑応答
阿南市文化会館・夢ホール(阿南市富岡町西池田135-1)

講師:乾 敏郎 氏 (追手門学院大学心理学部教授京都大学名誉教授)

          ※事前に申し込み用紙で申し込んでください。(別紙)
          ※資料代として500円いただきます。

常の何気ない動作・言語の獲得や人とのコミュニケーションをなぜ私達は難なくこなせるのか。その鍵は,脳の中のしかけにあった。脳を学ぶことで教育の新たな道が開けてくるのかもしれない。難しそうな脳の話だけど、乾先生にかかるとその世界がぐっと身近なものに感じてくる。一緒に学ぼう。


申し込み・問い合わせ
 海陽町立海南小学校 特別支援教育コーディネーター 戎居多佳子
〒775-0202 徳島県海部郡海陽町四方原字旭町50番地
℡ 0884-73-0036  FAX 0884-73-3431

http://www.st-tokushima.net/kouhou/2781.pdf

 

自分も相手も大切にする   かかわりに必要なこと 院内学級の子供たちが教えてくれた大切なこと

 投稿者:赤壁  投稿日:2015年 7月 2日(木)19時20分48秒
返信・引用
  自分も相手も大切にするかかわりに必要なこと
~院内学級の子供たちが教えてくれた大切なこと~

日時:2015年 7月26日 (日曜日)
    開場 13:40    講演14:00~15:30
場所:とくぎんトモニプラザ 4F 会議室2
参加費:無料 要事前申し込み (先着100名)

             E メールにて kouen0726@gmail.com

             「副島賢和先生講演会参加」「氏名」「メールアドレス」を
        記入し、下記のアドレスまでお申し込み下さい。
       折り返し返信します。

講師:副島 賢和 先生(昭和大学大学院 保健医療学研究科 准教授)

2006年から2014年まで、品川区立清水台小学校さいかち学級 (院内学級)の担任を
務めながら、NHKの「プロフェッショナル仕事の流儀」(2011年)や日テレのドラマ
「赤鼻のセンセイ」(2009年)のモデルになるなどによって、病気療養中の子どもたちの
「いのちの声」を全国に伝えてきた。 学校心理士、ホスピタル・クラウン など
現在も、院内学級を含む全国の教員や医療・福祉関係者たちへの講演等を通じて、
子どもたちの声を通した「コミュニケーションやいのちの大切さ」を伝える多彩な
活動を続けている。また、日経・朝日・読売・毎日などの全国紙で紹介される一方、
雑誌「児童心理学」での連載執筆や、「学校でしかできない不登校支援と未然防止」
などの著書も多数。日本育療学会理事。


http://www.st-tokushima.net/kouhou/27726.pdf

 

第29回 言語発達障害研究会開催のお知らせ

 投稿者:事務局  投稿日:2015年 6月27日(土)13時22分41秒
返信・引用
   2015年6月吉日
各位
                   第29回 言語発達障害研究会
                        大会長 野田侑佑

     第29回 言語発達障害研究会開催のお知らせ

謹啓
 向夏の候、皆様におかれましてはますますご健勝のこととお喜び申し上げます。平素より当研究会の活動に際し、ひとかたならぬご支援とご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。
 さて、この度第29回言語発達障害研究会お下記の通りに開催する運びとなりました。
 つきましては、演題登録および参加申し込みについて別紙の申込用紙に必要事項をご記入の上、FAXにて事務局宛にご送信いただきたく存じます。なお、E‐mailでもお申込いただけます。本文に申込用紙と同様に必要事項をご記入頂き、下記E-mailアドレスまでご送信下さい。
 多数の演題およびご参加のお申し込みをお待ち申しております。
                               謹白
               記
期日:2015年11月28日(土)9:00~17:00(受付時間8:30~)
        11月29日(日)9:00~12:00(受付時間8:30~)
会場:一般財団法人 高知県教育会館 高知城ホール 2F 大会議室
   〒780-0850 高知県高知市丸ノ内二丁目1番10号
参加費:会員3000円 会員外4000円 学生1000円
昼食:28日(土)の昼食はお弁当を事務局で手配することができます。   ご希望の方は、別紙の申込用紙のお弁当申し込みの欄にチェックを   記入してください。なお、会場への飲食物の持ち込みは可能です。   お近くに喫茶店等もございますのでご利用下さい。
懇親会:2015年11月28日(土)18:00~ 高知市内にて
演題申込締切:2015年9月4日(金)
発表抄録原稿締切:2015年10月2日(金)
事前参加登録締切:2015年10月2日(金)
                            以上

  第29回 言語発達障害研究会 運営事務局
 医療法人 五月会 須崎くろしお病院 リハビリテーション部内
 〒785-8501 高知県須崎市緑町4番30号
 TEL:0889-432121/FAX:0889-42-1582
   E-mail:genpatsuken29@yahoo.co.jp
 

平成27年度 言語聴覚士研修会実施要綱

 投稿者:事務局  投稿日:2015年 6月25日(木)08時28分4秒
返信・引用
  1目的
聴覚障害、音声機能障害及び言語機能障害のリハビリテーションに従事する言語聴覚士を対象として、実務に必要な専門知識及び技術を習得させ、その資質の向上を図ることにより、適切かつ効果的な実務の運営に寄与することを目的とする。
2主催
国立障害者リハビリテーションセンター
3期間
平成27年9月4日(金)~9月5日(土)
4場所
国立障害者リハビリテーションセンター学院
(埼玉県所沢市並木4丁目1番地)
5受講定員
30名
6受講資格
言語聴覚士免許を有する者。
7研修内容
別紙日程表の通り。(テーマ:言語発達を支える初期コミュニケーションの発達と学習ー聴覚障害臨床から子どもの臨床を学ぶ)
8受講費
2,000円(初日に現金にて徴収します。宿泊費及び食費は含みません)
9受講手続き
受講希望者は当センター学院ホームページ(下記URL)にアクセスし、申込案内に従いお申込みください。
10応募締切
平成27年7月16日(木)
11受講決定
平成27年7月23日(木)までに本人宛て(お申込み時にご登録いただいたメールアドレス宛て)に通知します。尚、定員を大幅に上回る応募があった場合には、抽選により決定とさせていただく場合がありますので、あらかじめご了承ください。
12終了証書
研修会全日程を終了した方に対し、終了証書を授与します。
13宿泊施設
本センターの研修用宿泊施設(宿泊費用1泊2,380円)に宿泊を希望する方は、受講申し込み書の宿泊希望欄の「希望する」にチェックをしてください。尚、宿泊希望者が定員を超えた場合は抽選になります。また、入舎は初日の研修会終了後になり前泊はできませんのでご留意下さい。
14本研修会の申込先、照会先等
〒359-8555 埼玉県所沢市並木4丁目1番地
国立障害者リハビリテーションセンター学院
TEL 04-2995-3100(内線2612) FAX 04-2996-0966
電子メール ml-gakuin-kensyu3@rehab.go.jp
URL http://www.rehab.go.jp/College/japanese/training/27train.html

平成27年度 言語聴覚士研修会日程表
テーマ:言語発達を支える初期コミュニケーションの発達と学習ー聴覚障害臨床から子どもの臨床を学ぶ
9月4日(金)
受付(9:00~9:30)
開校式・オリエンテーション(9:30~10:00)
午前
①聴覚障害臨床から子どもの臨床を学ぶ(10:00~11:00)
国立障害者リハビリテーションセンター学院 言語聴覚学科 教官 北 義子、下嶋 哲也
②小児耳鼻咽喉科領域における遺伝子疾患の診断と対処法(11:10~12:30)
国立障害者リハビリセンター病院 第2耳鼻咽喉科医長 石川 浩太郎
午後
③乳児の心の発達と響きあい:コミュニケーション的音楽性の世界(13:30~15:30)
LIFE DEVELOPMENT SENTER 渡辺医院 渡辺久子
④乳児期のコミュニケーションの発達と学習(15:45~17:15)
元国立障害者リハビリテーションセンター学院 中村 公枝

9月5日(土)
午前
⑤前言語期のコミュニケーション指導の原則と実際(9:00~11:00)
元国立障害者リハビリテーションセンター学院 中村 公枝
元横浜市南部地域医療センター言語聴覚士 鐙 重美
川崎市中央医療センター言語聴覚士 村上 たか子
国立障害者リハビリテーションセンター学院 言語聴覚学科 教官 北 義子
国立障害者リハビリテーションセンター学院 言語聴覚学科 教官 下嶋 哲也
⑥観察・演習(1)(11:15~12:15)
元国立障害者リハビリテーションセンター学院 中村 公枝
元横浜市南部地域医療センター言語聴覚士 鐙 重美
川崎市中央医療センター言語聴覚士 村上 たか子
国立障害者リハビリテーションセンター学院 言語聴覚学科 教官 北 義子
国立障害者リハビリテーションセンター学院 言語聴覚学科 教官 下嶋 哲也
⑦観察・演習(2)(13:15~14:45)
元国立障害者リハビリテーションセンター学院 中村 公枝
元横浜市南部地域医療センター言語聴覚士 鐙 重美
川崎市中央医療センター言語聴覚士 村上 たか子
国立障害者リハビリテーションセンター学院 言語聴覚学科 教官 北 義子
国立障害者リハビリテーションセンター学院 言語聴覚学科 教官 下嶋 哲也
⑧観察・演習のまとめ(14:30~16:00)
元国立障害者リハビリテーションセンター学院 中村 公枝
元横浜市南部地域医療センター言語聴覚士 鐙 重美
川崎市中央医療センター言語聴覚士 村上 たか子
国立障害者リハビリテーションセンター学院 言語聴覚学科 教官 北 義子
国立障害者リハビリテーションセンター学院 言語聴覚学科 教官 下嶋 哲也
 

レンタル掲示板
/27